【2021夏】マスク入荷,売り切れ情報!売ってる店,買える時間帯は?

なかなかマスクの品薄状態が改善されていきませんね。少しでも早く改善されてほしいんですけど、もう少しこの状況はつづくかもしれません。

でもマスクが手に入らないと困る方も多いですよね。

そこでこの記事では、マスクの入荷、売り切れ情報と買える時間帯、合わせてできる予防対策についてお伝えしていきたいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

毎日暑いですよね。夏用マスクの情報を掲載してほしいとの声をいただいたので、夏用マスクの通販情報を更新しました。

ぜひ参考にしてください。

にっしー

マスクの情報は随時記事を更新していきたいと思います。

Contents

ひんやり・接触冷感!夏用マスクの通販情報

毎日暑いのでマスクを外したくなりますけど、まだ難しい状況。。。ならせめて少しでも涼しいマスクを付けたいですよね。

そこでひんやりや接触冷感の、おすすめ夏マスクを紹介していきます。

▼【冷感の不織布マスク50枚入り|700円〜】

▼【洗える冷感マスク|500円〜】

▼【洗える冷感マスク|800円〜】

▼【かわいい子ども用マスク|900円〜】

▼【日本製の高機能不織布マスク|2,300円〜】

▼【素材が優れた冷感マスク|600円〜】

「COOL MAX21」はこちら

▼紹介しきれなかった、その他のひんやり・冷感マスクはこちらで探せます!

>>Amazonでひんやりマスクを見る

>>楽天市場でひんやりマスクを見る

>>Yahoo!ショッピングでひんやりマスクを見る

「JIS」表示の不織布マスクをアイリスが販売開始

 

 

日本製の不織布マスクをはじめ、多くのマスクを販売しているアイリスオーヤマ。9月2日から日本産業規格「JIS」に適合した「JIS」表示のあるマスクの販売を開始しました。

 

日本では2021年6月から、通気性や飛沫防止などの一定基準をクリアしたマスクに関しては、JIS適合の表示を導入しています。

 

涼しくなってきたら、夏マスクから不織布マスクに変えるのもありですね。値段は7枚入りで383円(税込)など、商品によって様々です。

 

>>日本製アイリスオーヤマのマスクはこちら

スポンサーリンク

在庫あり!ネット通販で売っているマスクの入荷情報

最近のネット通販ではマスクの価格も安くなってきてますし、基本送料無料の商品が多くなっています。

「時間がないのでマスクが買えない」「お店には気に入ったマスクがない」そんな方にも、自宅に届けてくれる通販はとっても便利でオススメです。

にっしー

僕は何回か楽天市場でマスクを購入していますが、値段も安くて品質も良く問題なく使えました。

▼ここで紹介していくマスクの種類

  • 在庫がある比較的安いマスク
  • マスクのサブスク
  • オシャレなマスク

下記でそれぞれの種類のマスクについて紹介していきますね。

在庫あり!安く買えるマスクをピックアップ

毎日ネット通販上で在庫のある比較的安いマスクを紹介しています。価格は多少変動している時があります。

50枚 369円(送料無料) 51枚 380円(送料無料)

>>楽天市場で見る

>>楽天市場で見る

▼その他に販売されているマスクはこちら

マスクのサブスク

マスクのサブスクが注目を集めています!

マスクのサブスクは、選択したサイクルで自宅にマスクを届けてくれる定額サービスです。マスクはCE/FDA認定工場生産で高品質の3層フィルターマスクのみを扱っているので、安心して使用する事ができますよ。

送料無料でいつでも休止や停止が可能なので、マスクが欲しい時だけ利用して後は停止してしまってもOKなので利用しやすいと思います。

マスクのサブスクはコチラ

[/box]

▼何度も使えてコスパが良い洗えるマスクの在庫は、こちらで紹介しています。

洗えるマスクってどうなの?耐久性,洗える回数,どこで売っているの?

▼日本製のマスクについては、こちらで詳しくまとめています。

日本製の国産マスクが買える!在庫ありで販売してる通販・薬局どこ?

マスクが品切れになる原因は?売り切れはいつまで続くの?

マスクの品切れが長く続くのは本当に困りますよね。少しでも早く状況が改善されてほしいものです。

マスクが品切れになる原因

こんなにマスクが品切れになる原因は報道でもある通り、中国からの流行が原因です。

更に日本で販売されていたマスクの8割は中国で生産していた為、今こういった状況に陥っています。

ですが政府の発表では、マスクを24時間体制で態勢強化していくので毎週1億枚以上供給できるようになっていくようです。

なので徐々に状況は改善されていくと思われます。とは言ってもまだ暫くは安定して手に入るかは微妙なので、買える時には買っておいた方が良いかもしれません。

関連記事

マスクの品薄解消時期については、こちらの記事で詳しくまとめています。

マスク増産でも売ってない!品薄解消時期、在庫が戻るのはいつ?

売り切れはいつまで続く?買えるお店は増えてくるの?

なかなかお店で買えるようにならないマスクですが、もう暫くこの状況は続く事になりそうです。

どの国内メーカーも24時間態勢でマスクを生産しているのですが、需要が例年の5倍に達しているので供給が追いつかない状況になっています。

ですがどのメーカーもフル回転でマスクを生産しているので、徐々に供給されてくるはずですなのでもう少しの辛抱でしょうか。

一方でネット通販上では以前よりもマスクの在庫が増えてきていて、送料無料の物なども多くなってきているんですよ。

ネット通販上で在庫が増えているという事は、今後お店などで買える機会も増えてくるはずですね。

どうしてもマスクが買えない、そんな時にもできる事

こんな状況ですからどうしてもマスクが手に入らないなんて事もありますよね。そんな時にでもできる事があるので紹介していきたいと思います。

うがい、手洗い、をしっかりとする

うがい、手洗いは予防するうえではとっても重要です。厚生労働省も推奨しているように、うがい、手洗いをしっかりと行う事が一番簡単にできる対策になってきます。

マスクが手に入らないなら、うがい手洗いを普段よりもしっかりと行いましょう。

参考 うがい、手洗いの基礎知識厚生労働省

自分でマスクを作る

マスクが手に入りにくいので、手作りマスクキットや布などを使ってマスクを作る人が増えてきています。

手間を考えると使い捨てマスクが買えれば一番良いのですが、今こういった状況ですので、自分で作るというのも1つの手ですね。

意外と簡単にできるようなので、もし手に入らない場合は手作りマスクを作ってみてはいかがでしょうか。

▼姫路市の公式HPに記載されてる記事を参考にしてください

手作りマスク作り方

今、マスクキットや素材、紐が売れてます

今マスクを作る人が増えてきていて、マスクキットやマスクを作る素材を買う人が増えています。

その影響でお店などでは品薄になっているようなのですが、ネット通販では今のところ在庫があるんですよ。

マスクキット

説明書も付いてて誰でも簡単にマスクが作れるマスクキットは、マスクを買うよりコスパが良いですよ。

マスクのゴム紐

マスクを作るゴム紐もネット通販ではすぐに届けてくれる在庫がありますよ。

まとめ

今回はマスクの入荷・売り切れ情報と買える時間帯、合わせてできる予防対策についてお伝えしてきました。

薬局などでは朝一番 に行かないと買う事は難しいかもしれませんが、意外と「ドン・キホーテ」「イオン系列のお店」などでは在庫がある場合が多いようなので参考にしてみてください。

情報は日々変わっていくので、随時更新していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA