2020東京オリンピック中継スマホやネットで見る方法!見逃し配信あり

東京オリンピックは、スマホやパソコンなどからインターネット経由でも視聴することができます。

全競技の中継を見ることもできるので、仕事や学校などで忙しい方にもおすすめです。

この記事では、「東京オリンピック2020」をスマホやタブレット、パソコンなどのインターネット回線から見る方法について説明していきます。

にっしー

東京オリンピックは、7月23日(金)〜8月8日(日)までの17日間で、42箇所の会場で33の競技が行われます。コロナで大変な時期ですけど、競技を見るのは楽しみですよね。

「東京オリンピック2020」中継をスマホなどネット配信で見る方法は4つ

東京オリンピックをスマホやタブレット、パソコンなどのネット配信で見るには、下記4つの方法があります。

にっしー

どの方法もインターネット環境さえ整っていれば、無料で視聴できますよ。
  • NHK+(NHKプラス)
  • NHKの特設サイト「NHK東京2020オリンピック」
  • gorin.jp
  • TVer(ティーバー)

それぞれの項目について、下記で説明していきますね。

NHK+(NHKプラス)|専用アプリあり

NHKプラスは、総合テレビ・Eテレの番組を放送終了後から1週間、スマホやパソコンで視聴できるサービスです。

NHKの受信契約を行っていれば、追加料金などは不要で誰でも利用することができます。

東京オリンピック期間中は、総合テレビとEテレで放送される競技の中継をインターネットでライブ配信。「追いかけ再生」や「見逃し番組配信」などのサービスも利用できるため、リアルタイムで中継を見られなくても後から視聴できるようになっています。

専用アプリもあるので、スマホやタブレットからでも利用しやすくなっっていますよ。

「NHK+」はこちら

NHKの特設サイト「NHK東京2020オリンピック」

NHKの特設サイト「NHK東京2020オリンピック」では、テレビでは中継が行われない競技も含めた33の競技を見ることができます。

NHK+の登録をしたくない方は、こちらの特設サイトなら登録無しで視聴できるのでおすすめです。

約3000時間のライブ配信が行われる予定で、見どころなどのダイジェストをまとめた動画も配信予定となっています。

日本VS南アフリカの男子サッカーをライブ中継で見たのですが、実況は英語でした。

にっしー

「NHK東京2020オリンピック」特設サイトはこちら

gorin.jp

gorin.jpは、2008年からスタートした民放テレビ局(日テレ・テレビ朝日・TBS・TV東京・フジテレビ)による、オリンピック公式競技動画配信サイトです。

ライブ配信されるのは、NHKで生放送される一部の競技を除いたほぼ全ての競技で、ハイライトは全競技を対象に配信されます。

また、東京オリンピックだけでなく、過去に行われた北京オリンピック以降の競技映像も無料配信。名場面を振り返って楽しむこともできます。

NHKの生中継が見られない場合に、上記で紹介した「NHK+」「特設サイト」から見ることができます。

にっしー

「gorin.jp」はこちら

TVer(ティーバー)|専用アプリあり

TVerは民法各局が連携した公式テレビポータルサイトです。各局で放送された番組を無料で視聴することができます。

東京オリンピック期間中は、『TOKYO 2020』特設ページが開設されており、「gorin.jp」と連携して民放各局で放送する全競技をライブ配信予定。

また、過去のオリンピックの名場面やデイリーハイライトも配信されています。

TVerは専用の公式アプリがあるので、スマホやタブレットにダウンロードして利用すると見やすいですよ。

TVerではNHKの生中継は見れないので注意してください。放送後の見逃し配信では視聴可能です。

にっしー

「TVer」はこちら

スポンサーリンク

全競技の中継を見るなら2つ以上の視聴方法合わせよう

東京オリンピックを全競技見るには、複数の視聴方法を合わせると見やすいのでおすすめです。

「NHK+」「TVer」では、地上波で放送された競技が配信されるため、全ての競技が配信されるわけではありません。地上波も同様にNHKと民放各局、どちらでも放送されない競技があります。

こうした放送されない競技に関しては、NHKの特設サイト「NHK東京2020オリンピック」「gorin.jp」から見ることが可能です。

テレビを中心に見る方も、インターネット配信を中心に見る方も、放送されない試合などを見るなら「NHK東京2020オリンピック」「gorin.jp」をチェックしておくといいでしょう。

また、テレビとパソコン、またはスマホなどを複数利用すれば、同時刻に行われている競技の同時視聴も可能です。

大会期間中は多くの種目の試合が同時刻に行われることが多いため、見るのは大変ですが、テレビとネットを駆使すれば沢山の試合を楽しめますよ。

僕はテニスの錦織くんをテレビで見ながら、パソコンで野球を見ていました(笑)

にっしー

録画しなくても大丈夫!どの種目も後から「見逃し配信」で視聴できる

東京オリンピックの競技は、どの種目も「見逃し配信」で視聴することができます。

基本的に上記で紹介した4つの方法は、どの方法からでも見逃し配信を見ることができるのですが、一番早くアップされるのはNHK特設サイトです。試合が終わったばかりなどは、「NHK特設サイト」から見るといいでしょう。

見逃し配信を見る方法!「NHK特設サイト」の場合

▼まずはトップページにある「動画」をクリックします。

▼次に、下にスクロールしていくと、「動画を探す」の下に「見逃し」とあるので、そちらを選択します。

▼すると、見逃し配信で見られる動画が一覧となって出てきます。

「競技を選ぶ」から種目別で選ぶこともできるので、好きな種目を選びましょう。

開会式や閉会式なども同様に、録画をしていなくてもネット配信で見ることができるので大変便利です。見逃し配信を活用しましょう。

にっしー

「NHK東京2020オリンピック」特設サイトはこちら

スポンサーリンク

「東京パラリンピック2020」もネット配信でライブ中継

東京オリンピックが閉会した後に行われる「東京パラリンピック2020」ですが、地上波だけでなくネット配信でも視聴することができます。

ネット配信の中継を行うのは「NHK+」、NHKの特設サイト「NHK東京2020パラリンピック」です。

ネット配信でも楽しめるパラリンピックにも、ぜひ注目したいですね。

TVerなどでの放送に関しては、今後情報が入り次第更新していきます。

にっしー

ライブ中継を見る場合にはデータ通信量に注意

最近ではWi-Fiや大きなデータ通信プランを利用されている方も多いと思いますが、オリンピックのライブ中継をスマホなどで見る場合には、データ通信量がかかるので注意しましょう。

小さなデータ通信プランを利用している場合

競技によっては数時間かかることもあるので、もし小さなデータ通信プランを利用されている場合には、下記のような方法が有効です。

  • 大きなデータ通信プランに変更する
  • Wi-Fiなどが使える場所でしか見ない
  • 短期的にポケットWi-Fiをレンタル

最近ではどのキャリアでもデータ無制限プランなど大型のプランが用意されています。そういったものに変更するのも1つの手段です。

ですが、プランを変更してまで見るのはちょっと。。。という方は、Wi-Fiなどが利用できる場所で見るようにすれば、あまりデータ通信量がかかりませんね。Wi-Fiが利用できない場所ではできるだけ中継を見ないようにするのもおすすめです。

また、オリンピック期間中だけ短期的に「ポッケットWi-Fiをレンタル」するという方法もあります。

オリンピックが行われる7月23日〜8月8日までの17日間だけ、ポケットWi-Fiをレンタルすれば、その間はデータ通信量を気にせずに中継が見ることが可能です。

オリンピックに夢中になってしまって、気づいたらデータ通信量がこんなに。。。なんてことにならないように注意してくださいね。

にっしー

「Lucy Wi-fi」は事務手数料0円、契約期間の縛りなし

 

 

ラッキーWi-Fiは、事務手数料0円、契約期間の縛りなしでレンタルできるお店です。

 

利用料金も「1日1G/15日間2,200円(税込)」「1日1G/30日間2,950円(税込)」など、かなりリーズナブルな価格でレンタルできます。

 

 

送料450円とオプションを利用する場合には別途かかってしまいますが、1ヶ月借りたとしても3,000円弱で借りることが可能です。

 

安くWi-Fiをレンタルしたい方は、ぜひ参考にしてください。

Lucy Wi-Fiはこちら

まとめ

東京オリンピック2020を、スマホやパソコンなどのネット配信で見るには以下4つの方法があります。

  • NHK+(NHKプラス)
  • NHKの特設サイト「NHK東京2020オリンピック」
  • gorin.jp
  • TVer(ティーバー)

どの方法もネット環境さえ整っていれば、無料で視聴できます。

また、NHKの特設サイト「NHK東京2020オリンピック」では、その他のサイトや地上波では放送されていない競技も配信してきるので、合わせて利用することで、オリンピックの全競技を見ることが可能です。

パラリンピックに関してもネット配信されるので、オリンピックが閉会しても注目していきたいですね。

ネット回線も利用してオリンピックを楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA