【無料あり】MLBメジャーリーグのライブ中継見る方法!ネットがお得

アメリカのプロ野球、MLBメジャーリーグベースボール。近年では大谷選手や筒香選手、ダルビッシュ選手などの活躍も目覚ましいので、楽しみにしている方も多いと思います。

日本のプロ野球とはまた違った感覚で楽しめるのも新鮮ですよね。

この記事でわかること!

  • MLBをライブ中継で見る方法
  • 無料でMLBを楽しめるABEMAについて

ABEMAでは2022年もMLBが無料放送されるので、チェックしておきましょう。

にっしー

ABEMAは無料で利用できるのが嬉しいですよね。

MLBメジャリーグのライブ中継を見る7つの方法

MLBメジャーリーグの試合をライブ中継で見るには、以下7つの方法がおすすめです。ネット配信とテレビ放送のどちらでも楽しめますよ。

▼ネット配信で見るなら

視聴料 視聴できる試合
ABEMA 基本無料
※ABEMAプレミアムは月額960円(税込)
日本人選手出場の試合中心に324試合(無料は234試合)
Hulu 月額1,026円(税込)
※2週間の無料体験あり
日本人選手出場の試合中心に324試合
SPOTV NOW(旧SPOZONE) ・月額1,300円(税込)
・年額9,900円(税込)
日本人選手出場の試合中心に1日最大8試合
MLB.TV ・年間129.99ドル
・年間109.99ドル
MLB全試合
MLB公式You Tube 無料 ハイライト・週に1試合ライブ中継

▼テレビ放送で見るなら

視聴料 視聴できるスポーツ
J SPORTS スカパー! 月額「基本料429円+チャンネル料2,515円(税込)」 エンゼルス戦全試合・日本人選手出場の試合中心
BS放送(NHK-BS・BSテレ東) 無料 日本人選手出場の試合中心

MLBは地上波で放送されることはほぼないので、ネット配信か、BS/CSの衛星放送を利用して視聴するのがおすすめです。

中でも「ABEMA」では、2022年シーズンのMLB324試合を完全生中継!そのうち234試合が無料放送されます。

残りの90試合は、月額960円(税込)のABEMAプレミアムでの放送となるので、全試合楽しみたい方はABEMAプレミアムを試してみてください。初回「2週間の無料トライアル」が利用できるのでお得です。

ABEMA公式HPはこちら

▼Abema公式アプリでの視聴はこちら

ABEMAアプリのダウンロードはこちら

スポンサーリンク

【無料あり】ネット配信でMLBの試合中継を見るには

MLBをネット配信で見るなら、以下5つの方法がおすすめです。

Abema|無料で楽しめる

出典元:ABEMA

▼ポイント

  • MLB公式戦324試合を完全生中継!うち234試合は無料放送
  • 日本人選手が出場する試合中心に放送
  • ABEMAプレミアムなら324試合全て楽しめる(無料期間あり)
料金 基本無料
※ABEMAプレミアムは月額960円(税込)
無料期間 2週間(ABEMAプレミアム)
実況解説 日本語
見られる試合 日本人選手が出場する試合を中心に324試合(無料は234試合)
見逃し配信 あり(ABEMAプレミアムのみ)
視聴可能なデバイス スマホ・タブレット・パソコン・スマートテレビ・メディアプレイヤー(Fire TV など)

ABEMAでは2022年シーズンもMLB公式戦324試合を完全生中継!

324試合のうち234試合は無料放送され、日本時間早朝に行われる残り90試合に関してはABEMAプレミアム(月額960円(税込))にて放送されます。

1日2試合程度、日本人選手が出場する試合中心の放送で、2021年もポストシーズンまで放送されたので、今年も期待できるのではないでしょうか。

また、90試合はABEMAプレミアム会員でないと視聴できませんが、「2週間の無料トライアル」が用意されています。まだ利用したことがない方は試してみてください。

無料期間中に解約してしまえば、料金は一切かかりません。

ABEMA公式HPはこちら

▼Abema公式アプリでの視聴はこちら

ABEMAアプリのダウンロードはこちら

Hulu|2週間の無料体験あり

出典元:Hulu

▼ポイント

  • 日本人選手が出場する試合中心に324試合をライブ配信
  • 2週間の無料体験でMLBが見られる
  • ドラマ、映画、アニメ、バラエティなどの動画も見放題
料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
実況解説 英語
見られる試合 日本人選手が出場する試合中心に324試合
見逃し配信 あり
視聴可能なデバイス スマホ・タブレット・パソコン・スマートテレビ・メディアプレイヤー(Fire TV など)・ゲーム機(Switch)

Huluでは、2022年のMLBメジャーリーグベースボールを、日本人選手が出場する試合中心に324試合をライブ配信します。

見逃し配信もあるので、リアルタイムで見れなかった時でも安心です。

Huluでは初回登録者に「2週間の無料体験」が用意されているので、まずは無料で試せるというのは嬉しいですね。

月額1,026円(税込)で、ドラマ、映画、アニメなど、10万本以上の動画も見放題で、MLBも楽しめるのはコスパ的にも優れています。

ただし、実況は現地の英語解説になります。

Hulu公式HPはこちら

再登録でも無料に

Huluは再登録でも無料体験を利用することができます。こちらの記事で詳しくまとめているので、参考にしてください。

【再契約の方法】解約したHuluを再登録してもう一度見るには?

SPOTV NOW(旧SPOZONE)|MLBを1日最大8試合配信

出典元:SPOTV NOW

▼ポイント

  • MLB中継を1日最大8試合配信(うち3試合が日本語実況)
  • オープン戦〜ポストシーズンまで配信予定
  • 無料会員でもハイライトやWリーグ・Fリーグ・アイスホッケーが楽しめる
料金 ・月額1,300円(税込)
・年額9,900円(税込)
無料期間 なし
実況解説 1日最大8試合のうち3試合が日本語実況
見られる試合 日本人選手が出場する試合中心に1日最大8試合
見逃し配信 あり
視聴可能なデバイス スマホ・タブレット・パソコン

SPOTV NOW(旧SPOZONE)は、MLBの試合を日本人選手が出場する試合を中心に、1日最大8試合を配信。そのうち3試合が日本語実況付きです。

オープン戦からポストシーズンまで配信予定なので、シーズンを通してMLBを楽しめます。

また、無料会員でもハイライトや女性トップリーグ(Wリーグ・Fリーグ・アイスホッケー)なども楽しめますよ。

SPOTV NOW公式HPはこちら

MLB.TV|MLBを全試合配信

出典元:MLB.TV公式HP

▼ポイント

  • MLBを全チーム全試合配信
  • 選べる料金プランが時期によって異なる
  • 実況解説が全て英語
料金 ・年間129.99ドル(約15,500円)ー 全チーム視聴
・年間109.99ドル(約13,000円)ー 1チーム視聴
無料期間 なし
実況解説 英語
見られる試合 MLBの全試合
見逃し配信 あり
視聴可能なデバイス スマホ・タブレット・パソコン

MLB.TVはメジャーリーグの公式サービスで、シーズンを通してMLBの全試合を配信しています。

シーズン序盤は年額プランのみで、「全チームの試合が見られるプラン・1チームの試合が見られるプラン」から選択可能。シーズンが進むにつれて、月額プランや割引も出てきます。

ただし、実況が英語になるので日本語で楽しみたい方にはあまりおすすめできません。

MLB.TV公式HPはこちら

MLB公式You Tube|ハイライトを見るなら

▼ポイント

  • 誰でも無料で視聴できる
  • 週に一度試合がライブ配信される
  • 実況解説が英語
料金 無料
無料期間 なし
実況解説 英語
見られる試合 MLBハイライト・まれに試合のライブ中継
見逃し配信 あり
視聴可能なデバイス スマホ・タブレット・パソコン・スマートテレビ・メディアプレイヤー(Fire TVなど)・ゲーム機(PlayStation・switchなど)

MLBの公式You Tubeチャンネルでは、MLBのハイライトと当日行われる試合が不定期で配信されています。

配信される試合は週に一度なのと、どの試合が配信されるかはその時にならないとわかりらないという点がネックですが、無料で英語実況のメジャーリーグを楽しめるというのは嬉しいポイントですね。

MLB公式You Tubeはこちら

テレビ放送でMLBの試合中継を見るには

MLBの試合をテレビ放送で見るなら、以下2つの方法があります。

J SPORTS

▼ポイント

  • エンゼルスの試合を全試合放送
  • 日本のプロ野球(中日・横浜・広島・楽天・オリックス)の主催試合も放送
  • スカパー!経由なら初月無料
料金 スカパー!なら月額「基本料429円+チャンネル料2,515円(税込)」
無料期間 スカパー!なら 2週間のお試し体験・加入月無料
見るために必要なもの 専用アンテナ、または光回線
見られる試合 エンゼルス戦全試合・日本人選手出場の試合中心に放送
見逃し配信 なし
視聴可能なデバイス ・テレビ放送 ー テレビ
・ネット配信 ー スマホ・タブレット・パソコン

J SPORTSではエンゼルスの試合を全試合放送、その他にも日本人選手が出場する試合を中心に放送します。

MLB以外にも日本のプロ野球(中日・横浜・広島・楽天・オリックス)の主催試合、サッカーやラグビーなどのスポーツも放送しているので、沢山のスポーツを楽しみたい方は必見です。

J SPORTSを視聴するには、スカパー!やJ:COMなどへの加入が必要で、スカパー!なら「基本料429円+チャンネル料2,515円(税込)」、誰でも加入月無料になるので最初の2ヶ月間は1ヶ月の料金で利用できます

J SPORTSオンデマンドではMLB中継は配信されませんが、スカパー!経由ならネット配信の「スカパー!番組配信」でMLBを視聴することも可能です。

J SPORTS 見るならスカパー!

BS放送(NHK-BS・BSテレ東)

▼ポイント

  • BS放送の視聴環境があれば無料で見られる
  • 日本人選手が出場する試合を中心に放送
  • オールスターやポストシーズンも放送される
料金 無料
見るために必要なもの ・BSアンテナ
・BSデジタル対応受信機(テレビやレコーダー、またはチューナー)
見られる試合 日本人選手が出場する試合を中心に放送
見逃し配信 なし
視聴可能なデバイス テレビ

NHK-BSでは、MLBを日本人選手が出場する試合を中心に、オールスターやポストシーズンまで放送しています。

BS放送のため、BSアンテナとBSデジタル対応受信機(テレビやレコーダー・チューナー)が必要となりますが、これらがあれば全国どこでも視聴することが可能です。

注目度の高い、大谷選手が所属するエンゼルスの試合は放送される頻度が高いので、番組表でチェックしておきましょう。

>>NHK-BS1の番組表

スポンサーリンク

個人的には「ABEMA」と「Hulu」の二択!スマホ視聴アプリでお手軽

個人的には、MLBを視聴するなら「ABEMA」「Hulu」の二択だと思っています。

大きな理由としては、以下の3つです。

  • どちらも視聴料が月額1,000円程とお手頃(ABEMAは基本無料)
  • 2週間の無料体験が使える
  • MLB以外のスポーツや、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなどの動画も見放題

どちらも月額料金が他サービスと比べて安いです。特に、ABEMAに関しては234試合が無料視聴できるというお得さ、料金だけを考えるならABEMAだけでも十分でしょう。

視聴料 無料期間
ABEMA 基本無料
※ABEMAプレミアムは月額960円(税込)
ABEMAプレミアムは2週間無料
Hulu 月額1,026円(税込) 2週間

それに加えて、どちらも有料サービスでは2週間の無料体験付き。無料期間中に解約をすれば、料金は一切かかりません。

また、MLB以外のスポーツや、ドラマや映画、アニメ、バラエティーなどの有料コンテンツが見放題というのもコスパ的には優秀です。

僕は昨年からABEMAでMLBを視聴しているんですけど、Huluも使うんですよね。どちらも使いやすいので、料金や好みの動画があるかなどが重要ですね。

にっしー

まずはこのどちらかを利用してみて、イマイチだったらその他のサービスを利用してみるというのでもいいでしょう。

2週間無料!「ABEMA」公式HPはこちら

2週間無料!「Hulu」公式HPはこちら

「ABEMA」と「Hulu」の無料体験を交互に使えば、1ヶ月無料に

ABEMAのABEMAプレミアムと、Huluには2週間の無料体験が付いています。この2つを交互に利用すれば、1ヶ月分の無料期間を利用することが可能です。

▼例えば

  1. まずはABEMAで無料放送を視聴する
  2. 無料で視聴できない試合の時にABEMAプレミアムの無料体験を利用して解約
  3. またABEMAで無料放送を視聴する
  4. 無料放送ではない試合になったら、今度はHuluの無料体験を利用して解約
  5. またABEMAで無料放送を視聴する

こんな感じで繰り返して視聴すれば、しばらくの間はABEMAで無料放送されない試合もカバーできますね。

無料体験は使わないと損なので、ぜひ試してみてください。

2週間無料!「ABEMA」公式HPはこちら

2週間無料!「Hulu」公式HPはこちら

2021年のMLBオールスター・ホームランダービーは地上波でも放送

2021年のMLBオールスター・ホームランダービーは、地上波でも放送されました。

これは大谷選手が出場するということもあり、テレビ朝日が頑張ってくれたんですね。

こうした注目度の高い時でないと、地上波でMLBが放送されることはありませんが、もしかすると今年も地上波で放送されるかもしれません。

今シーズンも大谷選手やその他の日本人選手が出場して、地上波でも放送されることを祈りたいと思います。

プレーオフやワールドシリーズなどのポストシーズンも放送あり

レギュラーシーズンの上位チームだけで争われる、ポストシーズンを楽しみにしている方も多いでしょう。

この記事で紹介してきた視聴方法では、ポストシーズンも楽しめますよ。

ポストシーズンは全部で4ステージ、ワイルドカードゲーム、ディビジョンシリーズ、リーグチャンピオンシップ、ワールドシリーズで行われます。

もちろん日本人選手に出場してもらいたいですけど、そうでなくても見応えがあるので楽しみですね。

ポストシーズンを見る方法については、こちらの記事でまとめているので参考にしてください。

【2022】MLBポストシーズン〜ワールドシリーズ中継見る方法!放送予定も

「DAZN」や「スカパー!プロ野球セット」では放送はなし

スポーツ配信やプロ野球中継でお馴染みの「DAZN」や「スカパー!プロ野球セット」ですが、MLB中継は行われていません。

以前DAZNでは配信されていた時もあったのですが、現在は配信されていないので注意してください。

もしかすると、今後配信される可能性もあるので、少しだけ期待しておきましょう。配信などが決定した場合には、記事の方を更新していきます。

本当にそうなると嬉しいですよね。

まとめ

MLBメジャーリーグの試合をライブ中継で見るには、以下7つの方法がおすすめです。ネット配信とテレビ放送のどちらでも楽しめますよ。

▼ネット配信で見るなら

視聴料 視聴できる試合
ABEMA 基本無料
※ABEMAプレミアムは月額960円(税込)
日本人選手出場の試合中心に324試合(無料は234試合)
Hulu 月額1,026円(税込)
※2週間の無料体験あり
日本人選手出場の試合中心に324試合
SPOTV NOW(旧SPOZONE) ・月額1,300円(税込)
・年額9,900円(税込)
日本人選手出場の試合中心に1日最大8試合
MLB.TV ・年間129.99ドル
・年間109.99ドル
MLB全試合
MLB公式You Tube 無料 ハイライト・週に1試合ライブ中継

▼テレビ放送で見るなら

視聴料 視聴できるスポーツ
BS放送(NHK-BS・BSテレ東) 無料 日本人選手出場の試合中心
J SPORTS スカパー! 月額「基本料429円+チャンネル料2,515円(税込)」 エンゼルス戦全試合・日本人選手出場の試合中心

MLBは地上波で放送されることはほぼないので、ネット配信か、BS/CSの衛星放送を利用して視聴するのがおすすめです。

個人的には、無料放送で楽しめる「ABEMA」、2週間の無料体験が利用できる「Hulu」の2択だと思っています。

どちらも視聴料が月額1,000円程(ABEMAは基本無料)で、ドラマや映画、アニメなどもが見放題。MLB以外の動画も視聴できるのはコスパ的にも優れていますね。

どちらも日本語実況で楽しめるので、利用しやすい方でMLBを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA