秋の観光で鬼怒川ライン下り体験はオススメ!紅葉が見頃で楽しい!

一年を通して鬼怒川ライン下りが一番楽しいのは秋なんです。

秋の鬼怒川はとっても紅葉がキレイで、見ているだけで心が安らいできますよ。

今回は秋の鬼怒川ライン下りの魅力や、紅葉の季節の見所、ライン下りに行くなら知っておいてもらいたい事など、これから行く方に向けて紹介していこうと思います。

観光で鬼怒川に行ったらライン下りを体験してもらいたいので、張り切って紹介していきますね。

秋の鬼怒川の魅力は紅葉です。この季節は景色がとても綺麗ですよ。

秋の鬼怒川ライン下りは一年で一番オススメ

秋のライン下りがオススメな理由は、何と言っても美しい紅葉です。

ライン下りをしながら見る紅葉は最高ですよ。
船上からは紅葉に燃える絶景を満喫する事ができます。

大自然が生み出した鬼怒川の渓谷美と、紅葉が折り重なって幻想的な景色に出会う事ができるんです。

それに船上では船頭さんが、紅葉の景色を見ながら軽妙なトークで説明をしてくれるので、見所もわかりやすいんですよ。

秋は気候もちょうど良い季節なので、ライン下りをするにはもってこいの季節です。

スリリングなライン下りが、秋の紅葉に包まれた中、体験できるのでとても楽しいですよ。

秋の鬼怒川ライン下りの魅力的なポイント

では次に秋のライン下りで見てほしいポイントについて紹介していきますね。
秋にしか出会えないので見逃さないでくださいね。

見頃の紅葉

上でも紹介しましたが、見頃の紅葉を是非、見てもらいたいです。

鬼怒川の山と渓谷と紅葉の組み合わせって、これ以上ないぐらいに絶景なんです。

写真映えする景色ばかりなので、ライン下りをしながら紅葉を楽しんでみてください。

鬼怒川の岩や滝

ライン下りをしている途中で「象岩」「ゴリラ岩」など動物の姿に似た奇岩怪石を見る事ができます。

そして更に進んでいくと「虹見の滝」も見えてきますよ。

春から夏にかけては緑の木々に囲まれて見える岩や滝も、秋になると赤や黄色に囲まれて、この季節でしか味わえない特別な模様に変化します。

川の音と共に秋の深みを堪能できるポイントになっています。

アオサギ、セキレイなどの鳥

この季節しか見られない鳥、アオサギ、セキレイなどを見る事ができます。

ライン下りをしている途中で鳥がいたら、船頭さんが個性豊かなトークで教えてくれますよ。

その場面でしか出会えない鳥などを見る事ができるのも、秋のライン下りの魅力です。

秋のライン下りに行くなら知っておいてほしい事!

秋のライン下りに行く前に知っておいてもらいたい事があります。
準備万端にして出掛けてもらいたいので説明していきますね。

紅葉の見頃はいつからいつまで?

毎年10月の下旬から11月の中旬ぐらいまでが見頃です。

でも知り合いの地元の人などに聞いたところ、11月の上旬ぐらいまでが一番綺麗に見られるみたいですよ。

寒いから温かい服装で

鬼怒川は9月の初め頃はまだ暑いですが、10月頃からはとても涼しくなってきます。

気温は東京と比べて平均4℃ほど低くなっているんですよ。

秋が深まるにつれ昼夜の寒暖差が大きくなります。

昼は薄着で居られるぐらいの気候でも、朝晩は涼しいので温かい上着を一枚持って行くと良いですよ。

混雑するから予約が必要

紅葉の時期のライン下りは観光客で混雑します。

なのでこの時期は予約をしてから行く事をオススメします。

特に土日祝日は予約なしだと乗船するのは難しいです。

ライン下りを体験したい人は、予約をしてから行きましょう。

ライン下りを予約する方法については、別記事で詳しく説明しているのでご覧ください。
半額で乗れる?お得に鬼怒川ライン下り満喫!割引き予約クーポンガイド

11月下旬から休業

鬼怒川ライン下りは11月の下旬から冬季休業に入ります。
翌年の4月まで休業予定なので、ライン下りを体験したい方は11月の中旬頃までには行ってみてくださいね。

予約をしてない場合でも、ライン下りに直接電話をして聞いてみたら、乗船できる、なんて事もあるので一応聞いてみてくださいね。

秋ライン下りに持って行った方がいい持ち物!

ライン下りを楽しむ為に持って行った方が良い物をまとめました。
行った事がある体験からオススメする物なので、参考にしてみてくださいね。

  • カメラ
  • 日焼け止め
  • ハンカチ、タオル
  • 着替え
  • 折りたたみの傘

カメラ

紅葉を撮るのにカメラは持って行った方がいいですよ。

ライン下りをしながら景色を撮影する事もできるので絶対に持っていきたいですね。

日焼け止め

秋だからと言っても紫外線が無い訳ではないので、特に女性は日焼け止めを持って行った方が良いと思います。

ライン下りの乗り場と船に乗っている間は屋根がありません。

もし少しでも日焼けを気にする方は、日焼け止めを持って行く事をオススメします。

ハンカチ、タオル

ハンカチとタオルは持って行った方が良いです。

ライン下り中は水しぶきで濡れないように船に付いているビニールでカバーする事ができるのですが、それでも多少濡れる事があります。

念の為に持って行くと良いと思います。

着替え

ライン下りをしていて、ずぶ濡れになるなんて事はほぼ無いですが、急に天候が悪くなったりした場合の為に着替えを持って行くと良いと思います。

念の為に備えておくと安心できると思うので、不安な方は着替えを持って行くと良いですよ。

折りたたみの傘

山が近いので急に天候が悪くなる事もあります。

急な雨に備えて折りたたみ傘をバッグに入れておいてもいいと思います。

秋はライン下り周辺の観光もオススメ

ここではライン下り周辺にある、オススメの観光スポットを紹介していきますね。

温泉は勿論ですけど、秋を彩る素敵な景色が楽しめす場所もあるのでとっても楽しめますよ。

鬼怒川温泉

鬼怒川のお湯は、神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効くというアルカリ性単純温泉で、肌にも優しい軟らかな泉質です。

ライン下りの近くには、日帰り温泉が楽しめるホテルが多数あるので、ライン下りを楽しんだ後、温泉を楽しんでみるのはどうでしょうか。

宿泊で行かれる方は宿のお湯を満喫してくださいね。

鬼怒川ロープーウェイ

鬼怒川温泉駅の1つ隣、鬼怒川公園駅の近くにある鬼怒川ロープーウェイ。
ライン下りとのお得なセット券も販売しているのですが、秋の鬼怒川の景色を一望できる、とってもオススメなスポットなんです。

標高差300Mの山頂には展望台、猿が見られるおさるの山、温泉神社がありますよ。

鬼怒川の紅葉を高い所から楽しみたい方は、鬼怒川ロープーウェイはオススメです。

基本情報

住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝834
電話番号 0288-77-0700
営業時間 9:00~16:00
定休日 年中無休
料金 大人(中学生以上)1,100円
子供(4歳~小学生) 550円
アクセス 電車の場合

鬼怒川温泉駅からタクシー、またはシャトルバス

車の場合

日光宇都宮有料道路今市IC(今市・鬼怒川方面出口)より約20分

東武ワールドスクウェア

東武ワールドスクウェアは、世界の有名な遺跡や建築物を1/25の縮尺にて精巧に再現したテーマパークです。

一つ一つの模型が緻密に再現されていて、園内を一周しただけで、まるで世界一周をした気分になれます。

秋は周りの紅葉と建築物の組み合わせが、他の季節では見られない素敵な景色を見せてくれるので、歩いているだけで楽しいですよ。

基本情報

住所 栃木県日光市大原209-1
電話番号 0288-77-1055
営業時間 9:00~17:00
(12月1日~3月19日 は9:30~16:00)
定休日 年中無休
料金 大人(中学生以上)2,800円
子供(4歳~小学生)1,400円
アクセス 電車の場合

東武ワールドスクウェア駅よりすぐ

車の場合

日光宇都宮有料道路今市IC(今市・鬼怒川方面出口)より約20分

東武ワールドスクウェアは是非一度行ってみてもらいたいです!世界の有名な建造物や街が見られて世界ツアーに行ってきた気分になれますよ。

鬼怒川ライン下り情報

楽天たびノートで、鬼怒川ライン下りの基本情報、周辺の宿やホテル情報が詳しく書かれてます。

鬼怒川ライン下り基本情報

たびノートで鬼怒川ラインくだりを確認

鬼怒川ライン下り周辺の宿、ホテル情報

たびノートで鬼怒川ライン下り周辺の宿を確認

まとめ

鬼怒川ライン下りの秋の魅力と紅葉の見所などについて紹介してきました。

秋の鬼怒川はとっても素敵な景色に包まれます。

ライン下りを体験しながらそんな素敵な景色が見れるのは、この秋の季節だけなんです。

周辺の観光スポットも、ライン下りをした際に是非、立ち寄ってもらいたい場所ばかりですし、きっとライン下りとは別の秋を感じれると思いますよ。

秋の鬼怒川観光は一年で一番オススメです。

温泉がとても気持ち良い季節なので足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です