渋谷スカイの滞在時間はどのぐらい?混雑・空いている時間帯はいつ?

テレビなどでも渋谷の展望台として注目を浴びている渋谷スカイですが、初めて行く人にとっては「所要時間はどれぐらい?か」「滞在時間に制限はあるの?」なんて思ったりもしますよね。

そこでこの記事では、渋谷スカイでの滞在時間や、混雑している時間帯・空いている時間帯などについて、実際に行ってきた体験談からお伝えしていきたいと思います。

にっしー

つい最近人生2度目の渋谷スカイに行ってきました。やっぱり景色が最高でしたよ!

ずっと居たくなる!渋谷スカイの滞在時間について

渋谷スカイに行くとずっと居たいって思ってしまいます。居心地が良いのでつい時間を忘れてしまうんですよね(笑)

まずは渋谷スカイの滞在時間について説明していきたいと思います。

にっしー

ソファーやハンモックなど、座ってると長居できちゃうんですよね。

滞在時間に制限はあるの?

まず知っておいてもらいたいのは、渋谷スカイは入場する時間に指定はあるものの、一度入場してしまったら時間制限はないので日中から夜まででも滞在する事が可能です。

てことは、ずっと滞在している人が沢山いたら混雑するのでは?と思われるかもしれませんが、渋谷スカイへの入場人数は管理されているので、一定の人数以上にはならないようになっています。

なので滞在時間などを気にしないで展望台を楽しむことができますよ。

渋谷スカイに2回行った事のある筆者の滞在時間

僕は今までに2回渋谷スカイに行った事があるのですが、初めて行った時は2時間2回目は1時間ほど滞在しました。

渋谷スカイにいると、つい時間が経つのを忘れてしまうんですよね(笑)

これって僕だけなのかな?と思いきや、僕が入場した時に見かけた人達が僕が帰る時にもまだ居たので、長時間滞在している人も結構多いと思いますよ。

上空230メートルにいる開放感と景色の綺麗さが原因だとは思うのですが、あまり時間がない時には長居したくなってしまうので注意かもしれないですね。

これ冗談とかじゃなくて本当に居るだけで気持ちいい場所なので、実際に行ってみてくださいね。

にっしー

長時間滞在するなら日差しや持ち込める荷物に注意

渋谷スカイは46階と47階に分かれていて、47階部分は屋外展望台になっています。

雨などの天候が悪い日には屋外展望台への入場は制限されるのですが、屋外展望台は屋根がないので、日差しの強い日などには日焼けに注意が必要です。

また、屋外展望台へは荷物の持ち込みが制限され、スマホや三脚など以外は持ち込む事ができなくなっています。屋内部分にコインロッカーがあり、そちらに預けるシステムになっているので飲食物などの持ち込みはできません。

なので長時間居るとしても屋上展望台での飲食などはできないので注意してください。

▼コインロッカー

コインロッカーは100円で帰る時に返却されます。両替機も設置されているのですが、500円、1,000円しか両替できません。5,000円札以上の両替はできないので、行く前に準備しておくといいですよ。万が一5,000円札以上しかない場合は、インフォメーションで預かってもらえます。

にっしー

スポンサーリンク

空いている時間と混雑する時間帯は?オススメは何時頃?

渋谷スカイに行くなら空いている時間帯に行きたいですよね?そこで空いている時間帯や混雑時している時間帯、オススメの時間帯について解説していきますね。

混雑してくるのは日没前から

渋谷スカイの一番人気のある時間帯は日没前から夜にかけてです。

何と言っても渋谷上空230メートルから見る夕日や夜景が綺麗なので、この時間帯から徐々に人が増えてきます。

と言っても、人が多くて歩けないなんて事はありません。入場人数も管理されているのでそこまで人で溢れ返るような事はないですよ。

▼平日の日没の時間帯の様子

▼渋谷スカイの写真スポットの並びはこんな感じです。並ばないと写真撮影ができなくなっているのですが、ここは常に人が並んでいる感じですね。

僕も行くならこの時間帯を選んでしまうのですが、富士山の方角に太陽が沈んでいく様はとっても感動しますよ。

にっしー

ただこの日没の時間帯は人気なので、土日祝日などに行く予定がある場合は、前もってチケットを買っておくと良いかもしれません。

渋谷スカイの入場チケットについて

渋谷スカイには窓口で買う当日券とWeb予約チケットがあるのですが、Web予約チケットの方が割引価格で購入できます。

入場チケットについては、こちらで詳しくまとめています。

渋谷スカイの当日券の詳細!展望台のチケット受付,値段,購入方法など 【渋谷スカイ】渋谷スクランブルスクエア展望台の予約,チケット料金

空いている時間帯は日中

空いているのは日中の時間帯です。土日祝日などは日中でも人が多くなってくる事はあるかもしれませんが、日没の時間帯ほどではありません。

日中は夕方と違って遠くの方まで景色が見えるのでオススメです。渋谷スカイは東京タワーの大展望台より80メートル高いうえに、屋外から東京中を見渡す事ができるのでとっても気持ちいいですよ。

▼日中はこんな感じで景色が見えます。これは代々木公園方面です。

渋谷スカイの混雑状況を見極めるには?

渋谷スカイの混雑状況を事前に確認できると便利ですよね。そこで見てもらいたいのが、渋谷スカイのWebサイトです。

渋谷スカイWebサイト

混雑状況を見極めるにはWebサイトを見よう

渋谷スカイのWebサイトでは前売りの入場チケットを購入する事ができるのですが、購入画面では入場チケットの残り枚数を確認する事ができます。

残り枚数に余裕がある時は◯、残り枚数が少ない時は△、売り切れの時は✕、と記されるので、これを参考にすると混雑状況がある程度把握できるかもしれません。

残りわずかの時は数字でも残り枚数を表示してくれるので、チケットを購入する時の目安にもなりますよ。混雑している日は、△や✕が多くなっていると思うので、混雑が気になる場合はチェックしてみてください。

窓口で確認する事もできる

渋谷スカイの入り口があるスクランブルスクエア14階には渋谷スカイのチケットカウンターがあります。こちらの窓口や周辺にいるスタッフの方に混雑状況を直接聞いてみても確認する事ができますよ。

スポンサーリンク

オススメの時間帯は日の入り前!渋谷上空からの夕焼け・夜景が綺麗

夕方の日の入りの夜にかけての時間帯は本当にオススメです。渋谷の上空からとは思えないような綺麗な景色を見る事ができますよ。

にっしー

個人的にはこの渋谷スカイの良さを多くの人に共有したい気持ちでいっぱいです(笑)

おすすめの時間帯は日の入り前から

先程前述でも紹介しましたのですが、日の入り前あたりから夜にかけての時間帯はオススメです。

渋谷でこんな景色が見れるんだーと感動できると思います。

この日は少し霞んでいて富士山があまりよく見えなかったのですがそれでも綺麗でした。

▼わかりづらいかもしれないですがよく見ると富士山が少し見えています

▼東京タワーも明るいうちはこんな感じで見えます

▼それが徐々にこんな感じで見えるようになるんです。綺麗ですよね。

▼日の入り時刻はWebサイトでも確認する事ができます。この時間帯を目安に入場チケットを購入すると日が沈んでいくのが見えますよ。

都会の夜景が最高に綺麗

大都会の夜景を渋谷の上空から眺められるなんて最高ですよね。

僕のオススメはこの東京タワーとスカイツリーが一緒に見れる景色なんですけど、是非、直接見てもらいたいです。

夜景をバックに写真を撮ってもかなり映えるので、デートなんかにもオススメですよ。

にっしー

渋谷スカイの基本情報・アクセス

【住所】

150-0002

東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号 >>Google MAP

SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)の営業時間

【営業時間】 9:00~23:00

【最終入館】 22:00

年中無休なので休館日はありません。

ただし、設備点検などで休館の場合があるので、事前に公式ホームページで確認をしてください。

渋谷スカイ公式HP

アクセス

【電車の場合】

JR、東急線、各東京メトロ地下鉄より渋谷駅直結になってます。

電車でのアクセス

電車でのアクセスについては、こちらの記事で詳しくまとめています。

渋谷スクランブルスクエアのアクセス!渋谷駅から行き方と出口,入口

【車の場合】

首都3号渋谷線渋谷上り出口から5分です。

高速を使わない場合は渋谷駅を目指すか、ナビでスクランブルスクエアを目指してください。

車・バイク駐車場

駐車場については、こちらの記事で詳しくまとめています。

渋谷スクランブルスクエア(渋谷スカイ)の駐車場・駐輪場と周辺駐車場

まとめ

今回は渋谷スカイの滞在時間や、空いている時間・混雑している時間帯などを、実際に渋谷スカイに2回行った体験談からお伝えしてきました。

渋谷スカイの滞在時間に制限はなく、一度入場してしまえば昼間から夜まででも居る事ができるので、ゆっくり楽しむ事ができますよ。

日の入りの時間帯は人気なので多少人は多くなってきますが、夕焼けから夜の景色に変わるこの時間帯は、綺麗な景色を見る事ができるのでとってもオススメです。

何度行っても楽しめるスポットなので、近くに行った際は立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA