焼餃子、水餃子をオリーブオイルで食べる!タレ、かける、使い方について

こんにちは、ニッシー店長です。

餃子をオリーブオイルで食べると、餃子の味そのものを楽しめるし、少しあっさりと餃子を楽しむ事ができます。

スタンダードに餃子を食べるのが飽きたちょっとアレンジをして餃子が食べたい、そんな人にはオススメです。

焼餃子、水餃子、どちらにも合うので、使い方についてご紹介していきますね。

オリーブオイルで餃子を食べると地中海を感じられるという人もいるんですよ。ちょっと大袈裟ですけどね(笑)

健康効果あり!オリーブオイルで餃子を食べると痩せるって本当?

オリーブオイルは健康に効果がある油なんです。
カロリーの高いイメージのある餃子も、オリーブオイルで食べるのはオススメなんですよ。

まずはオリーブオイルの良いところを知ってもらいたいので順に説明していきますね。

オリーブオイルってどんな油?

オリーブオイルはその名の通りオリーブからとれる油です。
普通の油と違うところは、オリーブオイルは果肉からとれるので、油にした後も本来の性質の状態を保っていられるんです

なので酸化が進むのが遅い為、身体に摂り入れるのも他の油と比べると健康的に良いと言われています

もうそれを聞くだけで、他の油よりもオリーブオイルの方が良い事がわかりますよね。

オリーブオイルにはどんな効果があるの?

オリーブオイルはとても魅力的な油です。
どんな健康効果があるのか紹介していきますね。

  • ビタミンが多く含まれている
  • 血液がサラサラになる
  • 便秘を解消する効果がある
  • アンチエイジング効果がありお肌にとても良い
  • 他の油と比べて適量なら太らない

以上のような魅力があります。
なので女性に人気を集めるのも納得いきますよね。

オリーブオイルで餃子を食べると痩せる?

サラダ油などの他の油で食べるよりオリーブオイルで食べる方が痩せやすいです。

なぜかと言うと、オリーブオイルはオレイン酸という成分が豊富で、脂肪燃焼を促す効果があるんです。
更に中性脂肪が付きにくくなる効果もあるので、太りにくいんです。

ただ摂取しすぎると太る可能性はあるので、そこは注意ですよ。

適量なら太る可能性は低いので、オリーブオイルで餃子を食べるのはオススメです。

外食ではオリーブオイルで餃子を焼いてくれるお店は中々ないと思うので、自宅で是非、試してみてくださいね。

こんなに良いところがあるならサラダ油とかよりもオリーブオイルを使いたくなりますよね。ただこういった効果より「餃子らしい味が良い」、という方もいると思うのでそこは好みになりますね。

アッサリと軽い仕上がりに!焼き餃子の最後にオリーブオイルをかける

焼き餃子をオリーブオイルで仕上げると、軽いアッサリとした餃子になります。

餃子を焼く時に最後は普通の油、ごま油をひとかけして仕上げるのが一般的かもしれません。
でもオリーブオイルをかける事によってあっさりとした味を楽しめるようになるんです。

オリーブオイルをかけるタイミングは?

オリーブオイルをかけるのは、フライパンの水気が飛んできた時です。

蓋を開けて、オリーブオイルが全ての餃子にいきわたるように、パーーーっとひとかけします。

更に一緒にごま油も少量混ぜると風味が引き立ち美味しいですよ

そこから少し焦げ目がつくまで焼いたら、パリパリの餃子に仕上がります。

餃子の焼き方については、こちらで詳しくまとめています。

店長直伝!初心者も簡単、餃子の焼き方コツ!油、水、火加減がポイント

あっさり餃子を食べよう!オリーブオイルのタレ、3つの食べ方

オリーブオイルのタレは餃子をあっさり食べたい人にオススメです。

餃子と言えば、醤油、酢、ラー油や最近では酢コショウで食べる人が多いと思いますが、これを見たら今日から「オリーブオイルで食べてみよう」って思うかもしれませんよ。

その1 シンプルにオリーブオイル

シンプルにオリーブオイルのみで食べます。
餃子の素材そのものの味を楽しむにはオススメです。

その2 オリーブオイル+レモン+塩+コショウ

まず準備するのはこちらです。

  • オリーブオイル 大さじ2杯
  • レモン     1切れ
  • 塩       少々
  • コショウ    少々(お好み)

これらを混ぜます。

レモンの風味でサッパリと食べたい人にはオススメです。

その3 オリーブオイル+柚子コショウ

まず準備するのはこちらです。

  • オリーブオイル 大さじ2杯
  • 柚子コショウ  少々

これらを混ぜます。

柚子コショウとオリーブオイルが絶妙に合います。
こちらもオススメです。

僕のオススメはオリーブオイルと柚子胡椒です。柚子胡椒って餃子ととっても相性が良いですね。

新しい発見!フレーバードのオイルをタレにして食べると美味しい

オリーブオイルのフレーバーオイルを使うと今までとは違った味を楽しめますよ。
僕も最近知った新しい食べ方なので紹介していきますね。

フレーバードオイルって?

フレイバードオイルとはエキストラ・バージン・オリーブオイルに最初から食品の風味を加えたオイルの事です。
レモン、オレンジ、ゆず、バジル、ガーリックなど、色々な種類があって風味を楽しめるんですよ。

普通のオリーブオイルより少し値段が高いのですが、これを知ると普通のオリーブオイルでは物足りなくなるかも?

フレーバードオイルでどう食べるの?

タレとして使ったほうが食品の風味を楽しめるのでオススメです

僕の個人的なオススメはレモン風味です。
定番って思われるかもしれないですけど、レモンの風味が入っていてつけダレに丁度いいんです。

レモンのフレーバードオイルにホワイトペッパーを加えて食べると美味しいですよ。

アッサリしているのに色々な風味の味が楽しめるのもフレーバードオイルの面白いところです。
是非、お好みの味のフレーバードオイルで食べてみてください。

まとめ

オリーブオイルで餃子を食べると、健康的にも美味しさ的にも良いところが沢山ある事を紹介してきました。

  • オリーブオイルは健康効果があるので美容にもオススメ
  • 他の油を使うよりもオリーブオイルは太りにくい
  • 焼き餃子を焼いている時の最後の仕上げにオリーブオイルをかけると軽いアッサリとした仕上がりになる
  • サッパリ食べるならタレもオススメ
  • 色品の味が入っているフレーバーオイルをたれにして使うのもオススメ

餃子を定番の食べ方は飽きた人には、オリーブオイルは、是非お試ししてほしい食べ方です。
焼餃子、水餃子、どちらにも合うのでお好みの食べ方を見つけてくださいね。

水餃子の事については、こちらの記事で詳しくまとめてあります。
美味しい水餃子のコツ!茹で方、茹で時間、茹でた後、保存法を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です